林人形工房
●林人形工房WEBカタログ●テレフォンショッピング受付中!お気軽にお問い合わせください。フリーダイアル:0120-358884(3月5月ハ、ハ・ヤ・シ)
Need Your Smile

端午の節句のページへ

提灯・灯籠のページへ
市松人形他のページへ
日本の美・名品展

インフォメーションへ

人形の選び方

 当工房では今、人形業界を代表する、無形文化財認定、黄綬褒章および勲六等瑞宝章受章石川潤平工房「二代目 石川潤平いしかわじゅんぺい」「石川佳正いしかわよしまさ」「創作人形 磊らい」「石川泰大いしかわやすひろ」「川野輪廣文かわのわひろふみ」「大石美正おおいしびせい」「板倉誠洲いたくらせいしゅう」、無形文化財保持者「竹中幸甫たけなかこうほ」、伝統工芸士「松乾斎東光しょうけんさいとうこう」他、多数の卓越した人形作家の作品を取り揃えております。
 全国的に大量生産分業化システムのひな人形が多い中、人形作りにこだわりを持ち続ける職人たちの、流行を追わない、本物志向のひな人形を多数展示しております。従業員、店主一同、心よりご来店をお待ちいたしております。

おひなさまを選ぶ五つのアドバイス

一にお顔を選ぶ
お顔人形は顔が命です。一流作家が手彫りして、ていねいに描かれたお顔は、生き生きとした豊かな表情となります。また、肌の質感も生まれます。型抜きの大量生産のお顔と見比べてください。

二に衣装を選ぶ
衣装仕立てがキチッとしていて、着つけがだらしなくないこと。着物の下に存在感があるのが理想です。打掛の枚数で判断するのではなく、人形師の技を見て、全体のバランスが良い物を選びましょう。

三にお道具を選ぶ
道具木地の仕上げの細かさ、塗や蒔絵の丁寧な技術。金具の細工などがチェックポイントです。道具はあくまでも脇役です、人形より豪華になったり、高価にならないように注意しましょう。

四に飾る場所と大きさ
まず、どのお部屋に飾るかを決め、お部屋の広さや間取りはもちろん、飾った時の調和も考えてください。飾る場所が決まったら、大きさと飾り方を選んでください。
五に上手な店選び
色々なお店と比較して心に残るお人形を選びましょう。製造直売や出張店など値引き幅の大きさにまどわされずに、伝統と信頼のある専門店で品質と価格を確かめてお買求めください。
なぜ赤い毛せんで飾るのでしょうか
古来より、赤は魔除けの色でした。神社の柱が赤く塗られているのも、また橋が赤く塗られているのもすべて悪魔、つまり病気や地震や火事のような悪いことが起こりませんようにといった、魔除けの意味があってされたことだったのです。だからむかしの赤ちゃんは、男でも女でも赤い産着を着ていました。雛人形にも悪魔が近寄らないように、赤い毛せんを敷いたというわけです。
潤平作品
幸甫作品
   
佳正作品
半兵衛作品
   
潤平工房
人形彫刻作家 磊 <Rai>作品
   

©2013 林人形工房 〒390-0811 長野県松本市中央2-8-9(高砂通り) TEL: 0263-32-4678 FAX: 0263-34-7378 FreeDial: 0120-358884
2007/03/04設置 Design by tGrafix

inserted by FC2 system