林人形工房
●林人形工房WEBカタログ●テレフォンショッピング受付中!お気軽にお問い合わせください。フリーダイアル:0120-358884(3月5月ハ、ハ・ヤ・シ)
Need Your Smile

端午の節句のページへ

提灯・灯籠のページへ
市松人形他のページへ
日本の美・名品展

インフォメーションへ

潤平工房
大石美正
川野輪廣文
板倉誠洲
こだわりの技
口結び
衣裳着人形であっても、作品によっては写真のように口を閉じた(口結び)人形があります。同じほほえみでも口を開けたもの(一瞬の表情を切り取った断面)に比べて奥が深く、崇高な気品を感じます。
やすひろ作 極上夢香雛 ─神聖黄櫨染─
おひなさまは、やがて来るお嬢様の結婚式の姿です。金屏風は親の色、いつまでも後ろから見守ります。赤い毛せんは、病気、ケガのないようにとの魔よけの色。シンプルな飾りだからこそ、主役であるおひなさまを一層引き立たせます。それは、人形そのものに魅力と味わい、気品があるからこそです。日本の美しい伝統文化がここにあります。
ひろふみ作 古典創作雛 ─亀甲浅葱─ 間口82cm・奥行50cm
極上檜扇
お姫様の檜扇(ひおうぎ)も一般品とは違い、画家が繊細なタッチで胡粉塗りの白い扇に絵を描いた特注品です。松竹梅がこれほどきれいに描かれている扇は他にありません。また、房とひもにも正絹を使用しており発色の美しさが違います。房は金糸銀糸と十二色三十二本で織りなす繊細で優美な房です。
やすひろ作 極上夢香雛 ─浅葱牡丹唐草─
正絹植え込み結髪
顔の周りに溝を作りその溝に伝統的なスガ糸(正絹)を植え込んで髪を整えます。一般品に使われる光沢の強いナイロンとは異なり、スガ糸はしっとりとした風合いが出ます。髪型は気品ある古典下げ髪と、皇室でも伝統行事に用いられるおすべらかしの二種類をご用意しています。
やすひろ作 夢香雛 ─青向鶴丸─
重塗胡粉(かさねぬりごふん)手彫仕上
伝統の技法です。胡粉とは貝殻を粉末にして膠(にかわ)で練った日本古来の素材です。この胡粉を重ね塗りすることでお顔の立体感を出し、目や小鼻そして口を彫刻刀で削り、やさしくあたたかみのある豊かな表情に仕上げます。
髪の生え際と眉の均等な毛書き技法
黄綬褒章作家、石川潤平直伝の技法です。薄めの墨で等間隔に丁寧に書きます(殿は三本置きに長い線を一本入れて力強さを強調します)。眉はまるで鳥の羽毛のようで気品を感じます。写真は枠目(書き目)タイプ。
式正(しきせい)の冠
平安時代の日本人の冠の取付け方を復元。「髪のマゲ」を利用しており、ひもがありません。ひもがない為に、お顔が前後で分断されずすっきり見えます。また衣裳の一番の見せ場である胸元に結び房が下がることがなく、全体の造形が美しく表現されます。
古典下げ髪
姫の髪型は「古典下げ髪」で、割り毛とも呼ばれます。平安時代に誕生した日本古来の髪型で江戸時代、明治時代のおひな様にも用いられた気品のある髪型です。スガ糸と呼ばれる絹糸を黒く染めた伝統的な素材で結髪しました。
ふっくらとした爪彩色の指
おひな様の手指は爪の形まで再現しておりふっくらとしています。爪はほのかにピンクに彩色しています。白い扇はお顔と同じ胡粉仕上げです。殿の左手は何も持っていないので自然に閉じており、握ったときのしわまであります。
伝統頭職人印正絹植込結髪
七段飾り
七段殿頭
七段姫頭
五人囃ふえ
古典五人囃・ふえ
五人囃おおかわ
古典五人囃・おおかわ
五人囃うたい
古典五人囃・うたい
仕丁わらい
仕丁・わらい
仕丁なき
仕丁・なき
誠洲作 京七番十二単衣親王付七寸揃 極上木製道具一式
日本人形美術評議会・入選作品
間口90cmから135cmまで各サイズございます。
天皇即位雛 皇太子御成婚雛
美正作 京七番束帯 天皇即位雛(木胴・木手仕様) 美正作 京七番・京九番束帯 皇太子御成婚雛(木胴・木手仕様)
高倉雛 京七番 高倉雛 京十番
美正作 京七番束帯 高倉雛 正絹向蝶(木胴・木手仕様) 美正作 京十番束帯 高倉雛 正絹桐竹鳳凰(木胴・木手仕様)

帯地白輪
廣文作 京七番束帯親王[帯地白輪]木胴・木手仕様 
間口75cmから135cmまで各サイズございます。

古典下げ髪 式正冠(しきせいかんむり)
本作品の冠は平安時代宮廷内にて使用されていたとする冠の取り付け方を参考に、人形の頭に合わせるという最高の技術で制作いたしました。全ての親王の冠には取り付け房がありませんので、お顔と冠のバランスが自然で平安の世を彷彿とさせます。


京七番
美正作 京七番束帯親王 七寸三白官女付五人飾り 木胴・木手仕様
間口75cmから135cmまで各サイズございます。

歌にあるように、おひな様らしい赤い毛せんに金屏風。人形の良さを際立たせます。古来より赤は魔除け。お子様の無病息災を願って赤い毛せんで飾ります。

高倉雛
美正作 束帯親王「高倉

大石美正  雛人形頭師 大石美正 おおいしびせい
 昭和15年 東京に生まれる
 昭和40年 二代目 小宮映水に師事
 昭和64年 独立
 平成5年 石川 潤平に師事する
 日本人形美術評議会認定頭師

熟練の技と真心が、美しさに差をつける。
人形作りに、こだわりを持つ一流人形作家の技術・表現力をお客様の目でお確かめください。きっと、人形の持つ味わいにご満足していただけると確信いたします。そして、お子様が成長して、大人になって感動する雛人形に出会えるでしょう。

掲載商品以外にも多数取り揃えております。お気軽にお問い合わせください。


©2013 林人形工房 〒390-0811 長野県松本市中央2-8-9(高砂通り) TEL: 0263-32-4678 FAX: 0263-34-7378 FreeDial: 0120-358884
2007/03/04設置 Design by tGrafix

inserted by FC2 system