林人形工房バナー
●林人形工房WEBカタログ●テレフォンショッピング受付中!お気軽にお問い合わせください。フリーダイアル:0120-358884(3月5月ハ、ハ・ヤ・シ)
need your smile

端午の節句のページへ

提灯・灯籠のページへ
市松人形他のページへ
日本の美・名品展

インフォメーションへ

日本の美と心…暮らしとの調和
 日本では、赤は古来より、魔除けや慶事に使われてきました。神社の鳥居、紅白幕、のし、お赤飯など。公式セレモニーや結婚式では、今でも赤いじゅうたんと金屏風が使われます。これらは伝統的というだけでなく現代の生活空間にもよく似合い、お人形を最も引き立たせてくれます。
 また、歌にあるように、お雛様らしい赤い毛せんに金屏風は、お子様の無病息災を願い、健やかな成長を雛に託しています。

職人が、目や口などを手彫りして丁寧に描かれたお顔は、やさしく温かみのある豊かな表情に仕上がります。

【おすべらかし】
江戸後期に完成された髪型。
現代の皇室の行事に用いられます。

【古典下げ髪】
源氏絵巻にも見られる髪型。
平安時代に誕生した日本古来の女性の髪型です。

金は、色の頂点。豊かに実った稲穂。金屏風は、豊かで幸せな将来に希望を託す親の願いです。

 ●ひな人形の選び方>>>
潤平作品
幸甫作品
   
佳正作品
半兵衛作品
   
潤平工房
人形彫刻作家 磊 <Rai>作品
   

©2013 林人形工房 〒390-0811 長野県松本市中央2-8-9(高砂通り) TEL: 0263-32-4678 FAX: 0263-34-7378 FreeDial: 0120-358884
2007/03/04設置 Design by tGrafix

松本の人形店・林人形工房

inserted by FC2 system